SPI2、玉手箱、WEBテスティングサービス、就職活動、転職活動、WEBテスト対策模試
SPI2,テストセンター,玉手箱,WEBテスティングサービス等のWEBテスト対策サイト。就職活動、転職活動時の筆記対策、WEBテスト対策サイトです。
  • トップページ
  • WEBテスト模試一覧
  • よくある質問

WEBテスト WEBテスティングサービス

開発会社 リクルートキャリア
受検対象者 四年生大学卒者
特徴 WEBテスティングサービスは、WEB版の
SPI3の 一種です。
自宅等任意の場所で受検できる形態に
なります。
(SPI3のそれぞれの違いはこちらをご確認
下さい。)

電卓使用可。
推奨受検環境

OS:MicrosoftWindowsVista/7/8以降
ブラウザー:IE8.0以降
画面の解像度:800×600ピクセル
Microsofot VM(※)
※本テストについては、仕様の変更も
考えられる為、受検前に必ず注意事項
をご確認することをお勧めいたします。

試験時間

能力テスト約35分

主な採用企業

ソニー、NTTデータ、東レ
本田技研工業、サッポロビール等

受検形態 インターネット環境があれば
どこでも受検可能。
模擬試験 WEBテスト対策模試Ⅱ
(WEBテスティングサービス対応)

WEBテスティングサービスのポイント

WEBテスティングサービスは、SPI3のWEB版です。SPI3のWEB版(WEBで受検する形式)は、全部で3種類あり、受検形態により名称が異なります。(もちろん、試験内容も異なります。)SPI3には、会場に出向いて受検する形態のテストセンターと自宅等のインターネット環境があれば受検可能なWEBテスティングサービスと採用企業が用意する会場にて受検するインハウスCBTというものがあります。

基礎能力、基礎学力が試される!

この中で、WEBテスティングサービスと、テストセンターが広く普及しています。
このテストは、玉手箱が地頭を重視するのに対し、知識や学力を重視する傾向にあります。つまり、基礎学力、基礎能力を測る問題が多いため、しっかりと準備し、問題慣れすることで差が出る問題なのです。

正しい手順で解を求めること!「できたと思っても気を付けて!」

答えの選択肢には、間違えやすいものが含まれています。誤った方法で導かれた間違った答えが選択肢に入っていて、気付かずに受検者が選んでしまうことも多々あります。
正しい解法で答えを求めることが重要です。

テスト内容(テスト構成)

項目 内容 問題数 制限時間
言語 熟語の成り立ち、文節の並べ替え、長文把握等 回答状況によって
出題数が異なる。
言語、非言語
合わせて約35分
非言語 空欄穴埋め問題、計算、図表の読み取り、確率、等 回答状況によって
出題数が異なる。
言語、非言語
合わせて約35分

問題形式

・回答は選択形式と記入形式の2種類がある。
・画面上部にタイマーあり。残り時間が表示される。
・誤謬率は計測していないため、全ての問題に回答することが大事。
・問題ごとに制限時間がある。
・制限時間になると強制的に終了する。

傾向と対策


試験環境に慣れておくこと!

■全体的に、
・受検環境を事前にしっかりと準備する。(JAVA VM等のインストール)
・画面の解像度が800×600となっており、ディスプレイは大きめ(17インチ以上)だと見やすい。
・タブの使い方をよくマスターし、慣れておくこと。(模試受検をオススメします。)

■言語問題では、
・熟語の成り立ちなど事前に調べてマスターしておくこと。
・選択式問題の他に記入式問題もある。コンピュータの全角文字入力方法をあらかじめ確認すること。

正しい解法手順で!

■非言語問題では、
・短時間に大量の問題を解くことに慣れること。
・メモ用紙や電卓、付箋、などを使いやすいように用意しておく
・算数の参考書等をしっかりと見直し、特に「確率」「組み合わせ」「速さ」の公式を覚えておくこと。正しい道筋で解を求める癖をつけること。

採用企業独自調べ